表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
梅が枝の手水鉢
明治11年(1878年)

梅が枝の手水鉢


假名垣魯文(かながき・ろぶん)
(1829年1月6日〜1894年11月8日)
「戯れ歌」



 この歌詞は、文楽や歌舞伎で知られる「ひらかな盛衰記」に登場する名場面をもとに、文学者、仮名垣魯文(かながき・ろぶん)が洒落で作ったのが元唄。二番目以降は、明治記に流行したこの歌が、戯れ歌としてどのように広まったかを示す替え歌で、まずは落語家が高座でうたったものだという。二番の歌詞にある「勸解」とは、明治期の民事裁判の形式の一つで、対立する二者の和解のために裁判官が間に立つという制度である。
 メロディは文政期のはやり歌「かんかんのう」の流れを汲んでいる。
 元唄にある「梅が枝の…」というくだりだが、「梅が枝」とは、腰元の千鶴が身売りされ傾城(けいせい/遊女)となった時の名前で、彼女が愛する夫・梶原源太のために「無間(むけん)の鐘」になぞらえて手水鉢を必死で叩くと、不思議なことに小判が降ってくるという場面のことである(文楽では四段目「神崎揚屋」)。
 ちなみに「無間の鐘」とは、この鐘を叩くと、現世では富を得ることができても、来世では無限地獄に落ちるという故事のこと。舞台では梅が枝が死を覚悟して鉢を叩く場面だが、歌ではユーモラスなイメージに変わっている。


梅が枝の手水鉢
假名垣魯文
  梅が枝の手水鉢
  叩いてお金が出るならば
  若しも御金が出た時は
  その時や身請をそれたのむ(元唄)

  お互の借貸に
  もつれて勸解出るならば
  若しも勸解出た時にや
  その時や示談をそれたのむ(替唄)

  お互の胸と胸
  合わせて子供が出來たなら
  若しもその子供が變な子なら
  その時や落語家それたのむ(替唄)



スコアグラファー・アライブ
流行歌の検索
小諸なる古城のほとり - 島崎藤村/弘田龍太郎
人生の並木路 .... 佐藤惣之助/古賀政男
ぎっちょんちょん
朝 ---- 島崎藤村/小田進吾
みどりのそよ風 ---- 清水かつら/草川信
深川節 .... 日本民謡
琵琶湖周航の歌 ---- 小口太郎/吉田ちあき
サーカスの唄 .... 西條八十/古賀政男
さすらいの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
かへり路 .... 小林愛雄/山田耕筰
千曲川旅情の歌 ---- 島崎藤村/弘田龍太郎
船頭小唄 ---- 野口雨情/中山晋平
佐渡おけさ ---- 新潟県民謡
波をけり - 小林愛雄 清水金太郎/プランケット
カチューシャの唄 島村抱月 相馬御風/中山晋平
都々逸
名月赤城山 .... 矢島寵児/菊地博
想い出のブルース .... 松村又一/服部良一
煙草のめのめ ---- 北原白秋/中山晋平
今度生まれたら ---- 北原白秋/中山晋平
旅姿三人男 .... 宮本旅人/鈴木哲夫
花言葉の唄 .... 西條八十/池田不二男
真白き富士の根 ---- 三角錫子/インガルス
おつぺけぺ .... 作詞作曲 川上音二郎
宮さん宮さん ---- 品川弥二郎/大村益次郎
鴨緑江節 .... 日本民謡
恋のために 小林愛雄 清水金太郎/アイヒベルク
海ゆかば .... 大伴家持/信時潔
ちゃっきり節 .... 北原白秋/町田嘉章
愛国の花 .... 福田正夫/古関裕而
美しき天然 .... 武島羽衣/田中穂積
宮津節 ---- 京都府民謡
コロッケの唄 ---- 益田太郎冠者/作曲者未詳
山の人気者 .... 本牧二郎/L.サロニー
君恋し .... 二村定一/時雨音羽/佐々紅華
新妻鏡 .... 佐藤惣之助/古賀政男
串本節 .... 和歌山県民謡
梅と兵隊 .... 南条歌美/倉若晴生
別れのブルース .... 藤浦洸/服部良一
すててこ .... 初代 三遊亭圓遊
ふるさとの .... 三木露風/近衛秀麿
銀座の柳 .... 西條八十/中山晋平
侍ニッポン .... 西條八十/松平信博
徳利の別れ .... 野村俊夫/阿部武雄
ゴンドラの唄 .... 吉井勇/中山晋平
ジャンヌ・ダルク ---- 西條八十/本居長世
かごかき ---- 作詞作曲 貴志康一
嗚呼玉杯に花うけて .... 矢野勘治/楠正一
散歩唱歌 .... 大和田建樹/多梅稚
紫節 .... 作詞作曲 添田唖蝉坊
表紙へ戻る