表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
煙草のめのめ ---- 北原白秋/中山晋平
大正8年(1919年)1月1日 東京有楽座で上演
芸術座『カルメン』の劇中歌

煙草のめのめ

作詞 北原白秋
作曲 中山晋平

 
 新時代の女優ナンバー・ワン、松井須磨子と彼女が在籍した藝術座は、日本の流行歌にとっても大きな影響力を及ぼした存在だった。それはなにより「カチューシャの唄」に代表されるが、同時に彼らの演劇活動によって、作曲家・中山晋平を世に送り出したことも忘れてはならない。
 中山は出世作「カチューシャの唄」のあと、藝術座にいくつも作品を提供しているが、たとえば「今度生れたら」「にくいあん畜生」、そしてこの「煙草のめのめ」などの藝術座系の作品を聞いていくと、のちの「アメフリ」(雨、雨、降れ、降れ、母樣が…/北原白秋作詩/1925年)などにつながる、スキップするような中山独特の一典型がこの「大正デモクラシー」の時代に形成されたことが理解できる。
「煙草のめのめ」は、戯曲「カルメン」の舞台で歌われた作品で、もともとはオリジナルであるメリメの「カルメン」に材を得て創作された。世の中の一切合財を捨てて、自暴自棄になっているような白秋の詞は、ひたひたと押し寄せてくる暗い時代の陰と無縁ではないだろう。
 そしてこの「カルメン」が大当たりを取っている時(1919年1月5日)、松井須磨子は、愛人・島村抱月の後を追って首吊り自殺する。一時代の終わりだった。


煙草のめのめ
北原白秋
一、
  煙草のめのめ、空まで煙せ
  どうせ、この世は癪のたね
  煙よ、煙よ、ただ煙
  一切合切、みな煙
二、
  煙草のめのめ、照る日も曇れ
  どうせ、一度は涙雨
  煙よ、煙よ、ただ煙
  一切合切、みな煙
三、
  煙草のめのめ、忘れて暮らせ
  どうせ、昔はかへりやせぬ
  煙よ、煙よ、ただ煙
  一切合切、みな煙
四、
  煙草のめのめ、あの世も煙れ
  どうせ、亡くなりや野の煙
  煙よ、煙よ、ただ煙
  一切合切、みな煙
たばこ畑と伊江島のタッチュー



スコアグラファー・ライト
松井須磨子
まつい・すまこ
明治19年11月1日〜大正8年1月5日
北原白秋
きたはら・はくしゅう
明治18年1月25日〜昭和17年11月2日
中山晋平
なかやま・しんぺい
明治20年3月22日〜昭和27年12月30日
北原白秋/中山晋平の楽譜
里ごころ ---- 北原白秋/中山晋平
さすらいの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
あの頃 ---- 北原白秋/中山晋平
砂山 ---- 北原白秋/中山晋平
アメフリ ---- 北原白秋/中山晋平
恋の鳥 ---- 北原白秋/中山晋平
別れの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
花園の恋 ---- 北原白秋/中山晋平
にくいあん畜生 ---- 北原白秋/中山晋平
たあんきぽうんき ---- 北原白秋/中山晋平
煙草のめのめ ---- 北原白秋/中山晋平
酒場の唄 ---- 北原白秋/中山晋平
今度生まれたら ---- 北原白秋/中山晋平
雀をどり ---- 北原白秋/中山晋平
汽車汽車走れ ---- 北原白秋/中山晋平
流行歌の検索
ぎっちょんちょん
カチューシャの唄 島村抱月 相馬御風/中山晋平
船頭小唄 ---- 野口雨情/中山晋平
波をけり - 小林愛雄 清水金太郎/プランケット
宮津節 ---- 京都府民謡
みどりのそよ風 ---- 清水かつら/草川信
朝 ---- 島崎藤村/小田進吾
佐渡おけさ ---- 新潟県民謡
影を慕いて .... 作詞作曲 古賀政男
小諸なる古城のほとり - 島崎藤村/弘田龍太郎
猫じゃ猫じゃ
出船 ---- 勝田香月/杉山はせを
都々逸
コロッケの唄 ---- 益田太郎冠者/作曲者未詳
さすらいの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
時計台の鐘 ---- 作詞作曲 高階哲夫
宵待草 ---- 竹久夢二/多正亮
花言葉の唄 .... 西條八十/池田不二男
椰子の実 .... 島崎藤村/大中寅二
琵琶湖周航の歌 ---- 小口太郎/吉田ちあき
十九の春 .... 西條八十/江口夜詩
鴨緑江節 .... 日本民謡
深川節 .... 日本民謡
酒は涙か溜息か .... 高橋掬太郎/古賀政男
サーカスの唄 .... 西條八十/古賀政男
蘇州夜曲 .... 西條八十/服部良一
安來節 .... 島根県民謡
出船 .... 勝田香月/杉山長谷夫
籠の鳥 .... 千野かおる/鳥取春陽
純情の丘 .... 西條八十/万城目正
人生の並木路 .... 佐藤惣之助/古賀政男
へらへらへ
金色夜叉 .... 作詞作曲 後藤紫雲 宮島郁芳
幌馬車の唄 .... 山田としを/原野為二
東京ラプソディー .... 門田ゆたか/古賀政男
落葉松 ---- 北原白秋/長村金二
『近世俚謡歌曲集』 盛林堂
お柳恋しや .... 佐藤惣之助/阿部武雄
うてや鼓 .... 島崎藤村/宮原禎次
佐渡が島 ---- 野口雨情/藤井清水
旅人の唄 ---- 野口雨情/中山晋平
乃木大将の歌 .... 吉丸一昌/小松耕輔
白月 ---- 三木露風/本居長世
純情二重奏 .... 西條八十/万城目正
明治一代女 .... 藤田まさと/大村能章
愛国の花 .... 福田正夫/古関裕而
別れの唄 ---- 北原白秋/中山晋平
恋の鳥 ---- 北原白秋/中山晋平
月 ---- 柳沢健/成田為三
ほんとにそうなら .... 久保田宵二/古賀政男
表紙へ戻る