表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
サトウハチロー
サトウハチロー記念館
佐藤八郎
【作詞】
東京都 新宿区 出身
明治36年(1903年)5月23日生
昭和48年(1973年)11月13日没
 音楽家年表
 詩人、童謡作家。
 歌謡曲としては敗戦直後の日本を代表する大ヒット「リンゴの唄」(歌・並木路子)、童謡では「小さい秋みつけた」「うれしいひなまつり」など、たくさんの名作を書いた人物である。また本業だけではなく、そのユニークな風貌も手伝って、ラジオやテレビなど放送メディアの勃興期に「タレント知識人」としても人気があった。
 父は、「あゝ玉杯に花うけて」「少年讃歌」など少年小説の人気作家、佐藤紅緑(こうろく)。だが、その父が家庭を捨て女優の三笠万里子と同棲するようになると、長男であった八郎はグレ始める。八郎は学校を放校となり、勘当され、留置場へ。
 小笠原の感化院では紅緑の弟子である福士幸次郎と生活、そして福士の紹介で西條八十に弟子入りを果たした。
 1926(大正15)年、処女詩集『爪色の雨』を出版。昭和の初めには、浅草の喜劇王、エノケン(榎本健一)一座の座付き作家となり、いよいよ異能ぶりを発揮し始める。当時の「二人は若い」「あゝそれなのに」など、トーキー時代の主題歌を見ても、洒脱で都会的、そしてユーモアにあふれた作風をそなえた新世代の作詞家だった。
 1945(昭和20)年、大戦後初めての映画『そよかぜ』に挿入された「リンゴの唄」が空前の大ヒットとなり、彼の作詞家としての地位は不動のものとなった。
 53年の童謡集『叱られ坊主』が4回芸術選奨文部大臣賞を受賞。それ以後は、童謡に専念。1973年、勲三等瑞宝章受章。日本作詞家協会会長、日本童謡協会会長などの要職も歴任した。
 父の血を引き(?)、放蕩や奇行ででも知られた人物だったが、その佐藤家の「血の問題」は、異母きょうだいとなる佐藤愛子の『血脈(上、下)』(文藝春秋)に克明に描かれている。
 ちなみに『血脈』は、NHKドラマ「ハチロー〜母の詩(うた)、父の詩(うた)」(2005年1月〜)の原作である。
- 作品 -
「ちいさい秋みつけた」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「かわいいかくれんぼ」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「わらいかわせみに話すなよ」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「べこの子うしの子」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「お月さんと坊や」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「とんとんともだち」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「夕方のおかあさん」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「うれしいひなまつり」
作詞 サトウハチロー/作曲 河村光陽
「白熊」
作詞 サトウハチロー/作曲 渡辺浦人
「胡桃」
作詞 サトウハチロー/作曲 伊藤翁介
「めんこい仔馬」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「やわらかいえんぴつが好きなんだ」
作詞 サトウハチロー/作曲 芥川也寸志
「秋の子」
作詞 サトウハチロー/作曲 末広恭雄
「青い部屋」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「明るい月夜」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「雨の日暮れ」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「ありがとうさん」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「或る月の夜に」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「あわきあこがれ」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「肩を並べて」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「小鳥売りの歌」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「胸の振子」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部良一
「ああプランタン無理もない」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「すかんくかんくぷう」
作詞 サトウハチロー/作曲 中田喜直
「思い出を置く君を置く」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「キッス・パレード」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「ことしも春の中にいる」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「少年の日の花」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「知らないところで…」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「嘆キのバラ」
詞 サトウハチロー/曲 すぎやまこういち
「明るいひととき」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「煙突さんから煙が出た」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「知りもしないで」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「どんなもんだい」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「夜のタンゴ」
作詞 サトウハチロー/作曲 仁木他喜雄
「青い牧場」
作詞 サトウハチロー/作曲 古賀政男
「明日もまた」
作詞 サトウハチロー/作曲 古賀政男
「いさおを胸に」
作詞 サトウハチロー/作曲 古賀政男
「二人は若い」
作詞 サトウハチロー/作曲 古賀政男
「浅草の唄」
作詞 サトウハチロー/作曲 万城目正
「打てば響く」
作詞 サトウハチロー/作曲 万城目正
「可愛いいスイトピー」
作詞 サトウハチロー/作曲 万城目正
「リンゴの唄」
作詞 サトウハチロー/作曲 万城目正
「母さんと母さんの声がある」
作詞 サトウハチロー/作曲 塚原晢夫
「ほんとかしらほんとかしら」
作詞 サトウハチロー/作曲 塚原晢夫
「わが母の姿は」
作詞 サトウハチロー/作曲 塚原晢夫
「裏山小山」
作詞 サトウハチロー/作曲 伊藤翁介
「モモンガーモモンガー」
作詞 サトウハチロー/作曲 伊藤翁介
「おかあさんのうた」
作詞 サトウハチロー/作曲 いずみたく
「ただひとつおぼえているのは」
作詞 サトウハチロー/作曲 いずみたく
「愛の星」
作詞 サトウハチロー/作曲 古関裕而
「青森娘」
作詞 サトウハチロー/作曲 上原げんと
「明日を祈る」
作詞 サトウハチロー/作曲 中村八大
「あの子と鈴の音とランプ」
作詞 サトウハチロー/作曲 高木東六
「あの子の手紙」
作詞 サトウハチロー/作曲 小林亜星
「雨のバラ」
作詞 サトウハチロー/作曲 竹岡信幸
「一番苦手なのは」
作詞 サトウハチロー/作曲 佐良直美
「馬と暮せば」
作詞 サトウハチロー/作曲 折本吉数
「エンゼルはいつでも」
作詞 サトウハチロー/作曲 芥川也寸志
「母さんの蛇の目はむらさき」
作詞 サトウハチロー/作曲 西脇久夫
「固い約束」
作詞 サトウハチロー/作曲 鈴木静一
「悲しくてやりきれない」
作詞 サトウハチロー/作曲 加藤和彦
「かぶとがにの唄」
作詞 サトウハチロー/作曲 服部公一
「キチキチもずきち」
作詞 サトウハチロー/作曲 きたのみのる
「黒い微笑」
作詞 サトウハチロー/作曲 井上かつお
「こんこん粉雪」
作詞 サトウハチロー/作曲 弘田龍太郎
「叱られ坊主」
作詞 サトウハチロー/作曲 箕作秋吉
「てもても音頭」
作詞 サトウハチロー/作曲 細川潤一
「動物園の春」
作詞 サトウハチロー/作曲 三木鶏郎
「なあはっちゃん」
作詞 サトウハチロー/作曲 松井八郎
「古き花園」
作詞 サトウハチロー/作曲 早乙女光
「ママにもらったトランプ」
作詞 サトウハチロー/作曲 船村徹
「もずが枯木で」
作詞 サトウハチロー/作曲 徳富繁
「わらいかわせみに話すなよ」
作詞 サトウハチロー/作曲 冨田勲
写真提供:サトウハチロー記念館
〔写真転載禁止〕
※肖像写真は、当サイトに掲載することにのみ許諾を受けているものです。転載のお申し込みは、当サイトではお受けできませんのでご了承下さい。



歌詞を入力すると自動で作曲(伴奏付)
Score Grapher Compo
ウェブアプリケーション(無料)
東京都
東京都出身
三輪義方(1838年生〜1920年没)
外山正一(1848年10月23日〜1900年3月8日)
鳥居忱(1855年6月17日〜1917年5月15日)
奥山朝恭(1858年生〜1943年没)
夏目漱石(1867年1月5日〜1916年12月9日)
鈴木米次郎(1868年生〜1940年12月28日)
山田美妙(1868年8月25日〜1910年10月24日)
巌谷小波(1870年7月4日〜1933年9月5日)
北村季晴(1872年5月22日生〜1931年6月17日)
武島羽衣(1872年12月3日〜1967年2月3日)
島崎赤太郎(1874年生〜1933年没)
林古渓(1875年生〜1947年没)
益田太郎冠者(1875年9月25日〜1953年5月18日)
蒲原有明(1876年3月15日〜1952年2月3日)
瀧廉太郎(1879年8月24日〜1903年6月29日)
乙骨三郎(1881年5月17日〜1934年9月19日)
小林愛雄(1881年11月30日〜1945年10月1日)
高村光太郎(1883年3月13日〜1956年4月2日)
楠山正雄(1884年11月04日〜1950年11月26日)
本居長世(1885年4月4日〜1945年10月14日)
長田秀雄(1885年5月13日〜1949年5月5日)
大和田愛羅(1886年3月24日〜1962年8月11日)
山田耕筰(1886年6月9日〜1965年12月29日)
中田章(1886年7月8日〜1931年11月27日)
佐々紅華(1886年7月15日〜1961年1月18日)
吉井勇(1886年10月8日〜1960年11月19日)
長田幹彦(1887年3月1日〜1964年5月6日)
伊庭孝(1887年12月1日〜1937年2月25日)
川路柳虹(1888年7月9日〜1959年4月17日)
鹿島鳴秋(1891年5月9日〜1954年6月7日)
西條八十(1892年1月15日〜1970年8月12日)
芥川龍之介(1892年3月1日〜1927年7月24日)
水谷まさる(1894年12月25日〜1950年5月25日)
箕作秋吉(1895年10月21日〜1971年5月10日)
酒井悌(1896年生〜1959年没)
大中寅二(1896年4月19日〜1982年6月29日)
中村雨紅(1897年2月6日〜1972年5月8日)
堀内敬三(1897年12月6日〜1983年10月12日)
清水かつら(1898年7月1日〜1951年7月4日)
近衛秀麿(1898年11月18日〜1973年6月2日)
妹尾幸陽(1901年生〜1961年没)
村野四郎(1901年10月7日〜1975年3月2日)
勝承夫(1902年1月29日〜1981年8月3日)
佐伯孝夫(1902年11月22日〜1981年3月18日)
豊田義一(1903年生〜1941年2月8日)
内田元(1903年生〜1947年没)
サトウハチロー 1903年5月23日〜1973年11月13日
橋本国彦(1904年9月14日〜1949年5月6日)
岩佐東一郎(1905年3月8日〜1974年5月31日)
高田三九三(1906年12月18日〜2001年1月29日)
平尾貴四男(1907年7月8日〜1953年12月15日)
長谷川良夫(1907年12月22日〜1981年5月6日)
大久保徳二郎(1908年3月6日〜1974年8月19日)
井田誠一(1908年8月13日〜1993年10月12日)
清水保雄(1910年12月5日〜1980年3月10日)
小林純一(1911年生〜1982年没)
伊藤翁介(1911年2月26日〜2009年2月28日)
渡辺茂(1912年2月1日〜2002年8月2日)
米山正夫(1912年10月3日〜1985年2月22日)
磯部俶(1917年生〜1998年11月25日)
西沢爽(1919年1月9日〜2000年7月19日)
谷内六郎(1921年12月2日〜1981年1月23日)
宮川哲夫(1922年2月7日〜1974年9月30日)
中田喜直(1923年8月1日〜2000年5月3日)
團伊玖磨(1924年4月7日〜2001年5月17日)
芥川也寸志(1925年7月12日〜1989年1月31日)
水木かおる(1926年7月14日〜1998年7月4日)
いずみたく(1930年1月20日〜1992年5月11日)
保富康午(1930年3月2日〜1984年9月19日)
寺島尚彦(1930年6月4日〜2004年3月23日)
山本直純(1932年12月16日〜2002年6月18日)
サトウハチロー 【検索結果】
うれしいひなまつり .... サトウハチロー/河村光陽
ひなまつり ---- 海野厚/三宅延齢
雛祭り ---- 永井花水/藤井清水
みんなでうたおう!たのしいこどものうた大全集202
ひなまつりの歌 .... 与田準一/河村光陽
万城目正
古関裕而
胸の振子 ---- 霧島昇
日本の童謡200選 日本童謡協会
中村八大
雛祭り .... 林柳波/本居長世
日本童謡唱歌全集?ピアノ伴奏付
佐々木すぐる
サトウハチロー
歌で暮らせば ---- 伊藤久男、ミス・コロムビア
どうじゃね元気かね ---- 楠木繁夫
青い星 ---- 二葉あき子
三色すみれ ---- 二葉あき子
目ン無い千鳥 ---- 霧島昇、ミス・コロムビア
見たり聞いたりためしたり ---- 藤山一郎、並木路子
雛祭 ---- 文部省唱歌
べこの子うしの子 .... サトウハチロー/中田喜直
服部良一
うたえる!ひける!ピアノ曲集-こどもの歌で楽しいレッスン2
秋の子 .... サトウハチロー/末広恭雄
夕方のおかあさん .... サトウハチロー/中田喜直
鹿島鳴秋
可愛いスヰートピー ---- 並木路子
若い日・若人・若い空 ---- 清水金一
ちょいといけます ---- 榎本健一、古川緑波
なにもかも今は愉し ---- 淡島千景
リンゴは紅い ---- 古川ロッパ 藤山一郎 松原操
こどものポピュラ-ソング/ピアノ・ソロ・アルバム
東京都
旅の三味線 ---- 伊藤久男、奥山彩子
井上武士
伊藤翁介
河村光陽
竹岡信幸
仁木他喜雄
上原げんと
ひなまつり .... 斉木秀男/三宅延齢
杉山長谷夫
海沼実
箕作秋吉
ひなまつり .... 水谷まさる/小松清
弘田龍太郎
團伊玖磨
かもめの水兵さん ---- 武内俊子/河村光陽
子守唄の本質を探った労作『子守唄よ、甦れ』が完成
表紙へ戻る