表紙へ戻る  
 はじめてご利用の方へ 
  
 d-score.comに関連する商品を
 ダウンロード販売するサイトです。
 
 楽譜表示ソフトScore Grapher Alive 
       価格 1,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Lite
       価格 4,980円(税込)
 楽譜作成ソフトScore Grapher Pro
       価格 23,800円(税込)
  
 お気に入りのページを最大50件まで 
 記憶できる便利な機能です。
  
 歌詞を入力すると自動で作曲 
 
    スコアグラファー・コンポ
 
  ウェブアプリケーション(無料)
 
蛍の光 ‐ 稲垣千頴/スコットランド民謡
 
Auld Lang Syne
(蛍の光)
Robert Burns
(1759年〜1796年)



 最も有名な唱歌の一つ、「蛍の光」の原曲。
「オールド・ラング・サイン」(old long since=昔むかし)は、地元のスコットランドでも広く親しまれ、さまざまな集まりにみんなが輪になって歌う。2番になると、少しテンポが上がるのも特色で、懐かしい仲間との再会を祝して杯を酌み交わそうと歌われる。
 詞を書いたのはロバート・バーンズという高名な詩人。彼がスコットランドの古謡を元にして1788年に発表した。バーンズの詞には、かつて別のメロディで歌われていたが、最終的にジョージ・タムソンが発表したこのメロディに落ち着いた。同じメロディを元にした讃美歌に「目覚めよ我が霊」(370番)があり、こちらの歌詞はフィリップ・ドッドリッジが1755年に発表したものである。
 日本に紹介されたこの歌は、稲垣千頴(いながき・ちかい)によって、原詞とはまったく異なる歌詞が付けられ、これが「蛍の光」となり(元々は「蛍」)、卒業式などの別れの場や、新しい門出にふさわしい名曲として歌い継がれてきた。
 いっぽう日本の軍国主義時代、「蛍の光」あるいは「オールド・ラング・サイン」のメロディは日本を経由して朝鮮半島や台湾、中国本土にも紹介され、日本とはまた別の浸透をしたことが知られている。たとえば日本の侵略に対して独立を目指した朝鮮半島の抵抗運動においては、このメロディにあわせて「わが大韓万歳!」と歌われた(1896年)。愛国歌として知られるこの詞は、同時に賛美歌14番としても知られている。また、1948年までは韓国国歌であった。
 韓国の映画では、日本の政治家などが殺される場面になると、よくこのメロディが象徴的に流され、日韓の過去を象徴するものとして使われている。
 
Auld Lang Syne
Robert Burns
 Should auld aequaintance be forgot,
 And never brought to mind?
 Should auld acquaintance be forgot
 And days of lang syne,
 For auld lang syne, my dear,
 For auld lang syne,
 We'll tak'a cup o' kindness yet,
 For auld lang syne.
bs02111101.mdf
楽譜 歌詞 A4縦 1頁
著作権の切れた作品



明治14年(1881年)11月24日 『 小学唱歌集 初編
is04110101.mdf
楽譜 歌詞 A4横 1頁
著作権の切れた作品



 
蛍の光
作詞 稲垣千頴
一、
  ほたるのひかり、まどのゆき。
  ふみよむつき、かさねつつ。
  いつしかとしも、すぎのとを、
  あけてぞ けさは わかれゆく。
二、
  とまるもゆくも、かぎりとて、
  かたみにおもう、ちよろずの、
  こころのはしを、ひとことに、
  さきくとばかり、うたうなり。
三、
  つくしのきわみ、みちのおく、
  うみやま とおく、へだつとも、
  そのまごころは、へだてなく、
  ひとつにつくせ、くにのため。
四、
  千島ちしまのおくも、おきなわも、
  やしまのうちの、まもりなり。
  いたらんくにに、いさを しく。
  つとめよ わがせ、つつがなく。



スコアグラファー・アライブ
伊沢修二
いざわ・しゅうじ
嘉永4年6月29日〜大正6年5月3日
小学唱歌集 初編 【検索結果】
ちょうちょう ‐ 野村秋足/ドイツ民謡
蛍の光 ‐ 稲垣千頴/スコットランド民謡
むすんでひらいて ‐ 文部省唱歌/ルソー
隅田川
春風
おぼろ
春のやよい ---- 慈鎮和尚/作曲者未詳
思いいずれば -- 稲垣千頴/スコットランド民謡
五常の歌
わが日の本
うつくしき ---- 稲垣千頴/スコットランド民謡
富士山 --- 作詞者未詳/作曲 ハイドン
薫りにしらるゝ
雨露
閨の板戸
ねむれよ子
玉の宮居
あがれ
松の木蔭
大和撫子
君が代
かをれ
花さく春
桜紅葉
野辺に
春山
春は花見
和歌の浦
五倫の歌
いはへ
千代に
若紫
卒業式の検索
故郷 ---- 高野辰之/岡野貞一
卒業生を送る歌 ---- 文部省唱歌
卒業の歌 ---- 文部省唱歌
仰げば尊し ---- 文部省唱歌
蛍の光 ‐ 稲垣千頴/スコットランド民謡
卒業 GRADUATION .... 秋元康/林哲司
卒業 .... 松本隆/筒美京平
『「旅立ちの日に」の奇蹟』 卒業式ソング取材班
絶対弾きたい! 最新「卒業・入学」の歌ベスト30
賛美歌の検索
星の界 ---- 杉谷代水/コンヴァース
むすんでひらいて ‐ 文部省唱歌/ルソー
蛍の光 ‐ 稲垣千頴/スコットランド民謡
Silent Night ‐ モーア/グルーバー
Joy to the World ‐ ワッツ/ヘンデル
真白き富士の根 ---- 三角錫子/インガルス
唱歌の検索
四季の雨 ---- 文部省唱歌
ローレライ ---- ハイネ/近藤朔風/ジルヘル
浦島太郎 ---- 文部省唱歌
故郷 ---- 高野辰之/岡野貞一
花 .... 武島羽衣/瀧廉太郎
ふじの山 ---- 巌谷小波/文部省唱歌
かたつむり ---- 文部省唱歌
ちょうちょう ‐ 野村秋足/ドイツ民謡
美し夢 ---- 近藤朔風/シューベルト
敦盛と忠度(青葉の笛) - 大和田建樹/田村虎蔵
虫のこえ ---- 文部省唱歌
おぼろ月夜 ---- 高野辰之/岡野貞一
我は海の子 ---- 宮原晃一郎/文部省唱歌
桜井の訣別 ---- 落合直文/奥山朝恭
野なかの薔薇 ---- 近藤朔風/ウェルナー
冬の夜 ---- 文部省唱歌
虹 ---- 文部省唱歌
雁 ---- 文部省唱歌
うさぎ ---- 文部省唱歌
いなかの四季 ---- 堀沢周安/文部省唱歌
冬景色 ---- 文部省唱歌
さくら さくら ---- 日本古謡
蓮池 ---- 文部省唱歌
時計の歌 ---- 文部省唱歌
菩提樹 ---- 近藤朔風/シューベルト
箱根八里 ---- 鳥居忱/瀧廉太郎
故郷の空 ---- 大和田建樹/スコットランド民謡
村の鍛冶屋 ---- 文部省唱歌
風 ---- 文部省唱歌
花咲爺 ---- 石原和三郎/田村虎蔵
進め進め(すずめのおやど)- 加部厳夫/フランス民謡
江戸の子守唄 ---- わらべうた
春の小川 ---- 高野辰之/岡野貞一
故郷を離るる歌 ---- 吉丸一昌/ドイツ民謡
星の界 ---- 杉谷代水/コンヴァース
犬 ---- 文部省唱歌
『幼稚唱歌集 全』 普通社
牧場の朝 ---- 杉村楚人冠/船橋栄吉
『一ねんせいのおんがく』 文部省
晩秋 ---- 三木露風/成田為三
わかば .... 松永みやお/平岡均之
ブンブンブン .... 村野四郎/ボヘミア民謡
風鈴 ---- 文部省唱歌
春風 ---- 加藤義清/フォスター
たこの歌 ---- 文部省唱歌
夜の梅 ---- 文部省唱歌/岡野貞一
飛行機 ---- 文部省唱歌
八幡太郎 ---- 文部省唱歌
月 ---- 文部省唱歌
未来の旅 ---- 大和田建樹/奥好義
水泳の歌 .... 文部省唱歌
『明治唱歌 第一集』 中央堂
仰げば尊し ---- 文部省唱歌
早春賦 ---- 吉丸一昌/中田章
川中島 ---- 旗野十一郎/小山作之助
舞へや歌へや ---- 文部省唱歌
鵯越 ---- 文部省唱歌
子供々々 ---- 作詞作曲 伊沢修二
金太郎 ---- 石原和三郎/田村虎蔵
『中学唱歌』 東京音楽学校
鳩 ---- 文部省唱歌
湖上の月 ---- 吉岡郷甫/ロッシーニ
小馬 ---- 文部省唱歌
牧場の朝 ---- 林柳波/成田為三
茶摘 ---- 文部省唱歌
隅田川
蝉 ---- 文部省唱歌
木の葉 ---- 文部省唱歌
霞か雲か ---- 加部厳夫/ドイツ民謡
雪 ---- 文部省唱歌
表紙へ戻る